« 新人の私にいろいろと教えてくれました | メイン | 子供の貧困率 »

自分に合う転職場所を見つける必要性

転職を自然と考えることができる環境を構築することは非常に重要になります。ですが、日本においてはあまり重要視されることではなく、一度就職したら定年までずっとそこで働くのがルールだとされてきました。もちろん法律的に決められたことではありませんから、その会社を辞めて違う場所で働くことは何ら問題もありませんし、誰からも否定されるものではありません。

ところが日本の社会においては終身雇用が常に社会を引っ張ってきたという概念が強く、それを覆そうとする転職に関しては抵抗感を持つ人が多いというのがあげられます。そこまで考える人は多くは無いのに、そうなってしまうのにはある理由があるようです。それは「転職をしようと考える環境が用意されていない」というものです。ですが、それも最近は変わりつつあります。たとえばですがベンチャーキャピタルなどの転職などを見ると新興転職市場なので終身雇用などの言葉は全くありません。

インターネットが普及したことで、転職に関する情報はすぐに入手することができるようになりました。検索するだけである程度の情報は手に入りますし、苦労をすることもありません。では転職に関して何故ここまで及び腰になっているのでしょうか?それは世間体です。日本は特にこの世間体を気にする傾向があるようです。自分にあう転職先を見つけることよりも、世間を気にしてしまうのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mac-curios.com/mt3/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2014年06月09日 15:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新人の私にいろいろと教えてくれました」です。

次の投稿は「子供の貧困率」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38